「SEO対策 = 結局、いいコンテンツを作る」は視野が狭い?|勝手に補足

king
久々に、勝手に人の記事について補足と言うツッコミを入れます。あくまでも個人的な意見ですし、元記事とは全く縁もゆかりもないです。w

SEOは、結局「いいコンテンツ」を作ることなの?

今日の勝手に補足する記事にはこう書かれています。

しかし、最近がっつり調べてみましたがgoogleはそんじゃそこらのユーザーとは違います。超一流のユーザーなんです。

「超一流のユーザー」、本当にそうなんですかね?
なにが基準で「超一流のユーザー」なのか分かりませんが、ソースレベルを見るから「超一流のユーザー」はちょっと無理がありますね。ウェブリテラシーの低い人が聞いたら、誤解しそうですね。

私が思うに、Googleは「超一流のユーザー」ではないと思います。
Googleは、優秀なロボットに過ぎないです。
ロボットだからこそ、普通のユーザーが見てわかることが分からないからソースを見ているだけであって、人より優れている「超一流のユーザー」だからソースを見ているわけではございません。
私はウェブ関連の仕事をしているため、周りは超は付かないかもしれませんが、一流のユーザーが多いです。
しかし、彼らが情報を探している最中にソースを見たり、HTMLが正しいのかを見たり、CSSをチェックしたりするのは見たことないです。
なぜかというと、そんなの見なくてもブラウザ上のテキストや画像を見れば十分だからです。
Googleは、人じゃないからブラウザ上のテキストや画像を見るだけでは、情報の質を十分理解できない上に、情報を探すためだけにページを閲覧している訳ではないから、ソースを見ていろいろ仕事をしているんです。
だから、Googleは良く働く、賢いロボットです。
何回も言いますが、「超一流のユーザー」ではないです。w

「SEO対策って、結局は良いコンテンツ作る事ですよね?」
と考えてしまうと、超一流ユーザーの為の最後の詰めが漏れてしまうのではないかという、問題提起です。

そうです。「SEO対策=結局は良いコンテンツ作る事」ではないです。
でも、ちょっと違います。
SEOはそんな単純なことではないです。
でも、良いコンテンツを作る事はSEOの「基本」です。

SPONSORED LINK

良いコンテンツを作る事はSEOの「基本」

良いコンテンツがでないと、自然リンクも獲得できないし、ソースをいくら綺麗に完璧に作ってもGoogleに評価されないし、ユーザーにも評価されないです。
SEOにおいて「良いコンテンツ」を作ることはとてもとても大事なことです。
著者が言ってる「超一流ユーザー」(Googleのことね)が一番大事にしているのもコンテンツの質だし、Googleが探し求めているのも「良いコンテンツ」です。
(※最近のパンダ・アップデートの主な内容は「コンテンツの質」ですよ)

Googleの究極の目標は人間が見ているのと同じように見て判断できるようにすることです。

今はそれが出来ないから、ウェブマスターはGoogleのためにHTMLやCSSなどを気にしてサイトを作らなければいけませんが、将来はそんなの要らない時代が来るかもしれません。

そうなったら、Googleは本当の意味で「超一流のユーザー」になるかもしれません。
そうなったら、「SEO=良いコンテンツを作る」になるかもしれません。

いや~そうなったら、
“もうSEOなんていらない!”
になるかもしれませんね。(Θ∀Θ)

SEOいらない

引用した本文はこちら


関連キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です