AMPページを使って悪さ出来なくなります。Engaging users through high quality AMP pages

AMPとは

SEOの神様である、辻さんのtwitterで、GoogleがAMPについての新しい方針を発表したのが共有されました。
(神様、ありがとうございます!)

そもそもAMPってなに?

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、スマートフォンなどのモバイル端末でWEBページを表示する際の高速問題を改善するためにGoogleとtwitterが共同開発したフレームワークで、AMP HTMLとの言います。

AMPオフィシャルサイト
https://www.ampproject.org//

関連記事

SPONSORED LINK

「一部のサイトが使っていた逃げ道が塞がれる事」ってなに?

一部のサイトでAMPを使った悪さ(?)しているように聞こえますが、これについて簡単に説明しますと、オリジナルページに掲載されている内容とは大きく違う別の内容をAMPページとして用意して、AMPページ経由で本来のページに誘導することです。
つまり、AMPページでは、Aを説明して、オリジナルページでBCDEを説明するなどのパターンです。

ウェブマスターセントラルブログのざっくり翻訳

Engaging users through high quality AMP pages

https://webmasters.googleblog.com/2017/11/engaging-users-through-high-quality-amp.html

AMPの結果と、当社のユーザーエクスペリエンスを向上させるために、我々はAMPとコンテンツパリティに私たちのポリシーを適用する方法に変更を加えています。2018年2月1日以降、政策はAMPページの内容は、(元)正規のページ内容に匹敵することが必要です。AMPは、ランキング信号ではないとAMPに関して順位政策の面で変更はありません。

オープンソースは、モバイルページプロジェクト(AMP)を加速2015年に発売し、オーバーで驚異的な成長を見ている25Mドメイン AMPフォーマットを実装したし。この急速な進展は、ユーザーの皆様が最終的に出版社のコンテンツとのエンゲージメントにつながる優れたコンテンツ消費の経験を持ち続けることを確実にすることの責任感が付属しています。

AMPとAMPのページに基づいていない正規のページ:いくつかのケースでは、ウェブマスターは、彼らのコンテンツの2つのバージョンを公開します。理想的なシナリオでは、両方のこれらのページではなく、AMPを経由して、より速く、よりスムーズな経験と同じコンテンツを取得するには、ユーザーをリードする同等のコンテンツを持っています。しかし、いくつかのケースではAMPのページのコンテンツは、元の(正規の)ページのコンテンツと一致していません。

例少数で、AMPページは、彼らが唯一の最小限の内容が含まれているので、特に悪いユーザーエクスペリエンスを作成ティーザーページとして使用されています。これらの事例では、ユーザーは実際のコンテンツを取得するために二回クリックする必要があります。主な記事の簡単なテキスト、その後、記事を読んで完了するために、別のページを訪問する]をクリックするようユーザーに尋ねる:以下は、このように見えるかもしれ方法の例です。

AMPは劇的にウェブのパフォーマンスを向上させ、高速で、一貫性のあるコンテンツの消費体験を提供するために導入されました。この目標に沿って、我々は強制されます要件のAMPとして、Google検索に表示されたいページのため、AMPと正規のページの間に密接なパリティのを。

我々はAMPページはその非AMPと同等と同じ重要なコンテンツが含まれていないことが判明する場合、我々は、非AMPのページへのユーザーの皆様に指示します。これは、検索順位に影響を与えません。しかし、これらのページは、このようなAMPとトップニュースカルーセルとしてAMPを必要と検索機能、のために考慮されることはありません。また、私たちは経由ウェブマスターに通知します検索コンソールの手動アクションメッセージとして、および出版社にそのAMPページが再び提供することができます前に、問題を修正する機会を与えます。AMPオープンソースのウェブサイトは、高速で美しく、高性能AMPのページを生成するのに役立ついくつかの有用なガイドを持っています。

私たちは、この変更は、正規のと同等のAMPの間でコンテンツパリティを維持するためにウェブマスターを奨励願っています。これは、あなたのサイト上でより良い経験し、最終的に幸せにユーザーにつながります。


関連キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です