Googleの順位変動が異常な件

ナマズ

ナマズ(namazu.jp)で見たことない数字になっています。Googleのアルゴリズムが大きく変動されているんでしょうか?これはペンギンアップデートでしょうか?22日夜から動き出した数字が24日で28.6のピークを記録し、本日8月25日も25.9で高い数値を記録しています!揺れは続くのでしょうか?

自社サイトの状況

まず、自社の被害状況ですが、実質自社サイトで大きな変動はありませんでした。23日、24日は通常の土日同様の凹みがあった程度で、月曜日の本日も特別動きはない状況です。いろんなサイトで騒いでるのに弊社のサイトだけいつも通りの状況でこの騒ぎに参加できずちょっと寂しいくらいです。

SPONSORED LINK

ペンギンアップデートなの?

今回の順位変動で一番多かった意見が「ペンギンアップデートでは?」でした。ここまで大幅な順位変動だとやはりここ2,3年のパンダかペンギンを予想しますよね。特に日本でも大きな影響があるのがペンギンアップデートだったので(言語に依存するパンダアップデートはあまり日本では力を発揮できず影響力が少ない印象)多くのSEO専門家ブログやTwitterではペンギンアップデート3.0が言及されていました。
しかし、尊敬する辻さんは早くもペンギンアップデートではないと予想していました。


このブログのサイドバーにも貼っていますが、MozCastの数値は通常通りでした。つまり日本だけの順位変動ってことですので、リンクという言語の影響がほとんどないパンダアップデートとしてはちょっと怪しいです。(売買リンクが盛んでいる日本だからってことならあり得ますけどね)

結論は?

結論は、ペンギンアップデートではなく、なにかのテストだったのでは?が有力視されています。大きな順位変動も既に元に戻っている感じです。であれば、冒頭で共有したナマズの変動値はなんでしょう?確かに本日も大きく揺れています!

ナマズの秘密

簡単です。ナマズは前日のデータとの比較で揺れを感知しているシステムです。
つまり、変動がなかった22日から
【22日(通常)→23日(変動あり)→24日(変動あり、ピーク)→25日(変動あり)】ですが、
最後の24日→25日の変動っていうは、23日、24日で動いた順位が元に戻ったからです。つまり、変動は変動だけど、騒ぐ前の22日から比べると変動じゃない、22日→25日(変動ほぼなし)ってことです。これはseohacksさんの記事にすごく新設に、わかりやすく書いています!http://www.seohacks.net/blog/algorithm/penguin_nante_naiyo/

SPONSORED LINK

まとめ

先日のHTTPS騒ぎからまたこのような騒動があって、私とか一部SEO関係者的にはちょっと楽しいイベントな感じだったと思いますが、実際に順位が大きく低下した人は変な汗かいたんじゃないでしょうか。

しかし、今回はテストだったってことで単なる騒動で終わる感じでしたが、実際にあり得ることですので、今回の件で冷や汗かいたSEO担当者はそろそろ対策を考えたらどうですか?

リンクを買うのはやめて、低品質のテキストを増やすのもやめて、本当にユーザが喜ぶような情報を提供する。真のコンテンツマーケティングをはじめませんか。(Θ∀Θ)


関連キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です