あえてページ削除でSEO?|SEO記事に勝手に補足

勝手に他サイトの記事について補足と言うツッコミを入れます。あくまでも個人的な意見であり、元記事の関係者とは全く縁もゆかりもないので誤解のないようにお願いします。(笑)

今日のネタは、こちら。

あえてページ削除でSEO?

質の低いコンテンツがサイト内にあることで、サイト全体の質が低いと看做されてしまうこともあります。ですから、オリジナリティの少ないコンテンツやテキスト量が少ないコンテンツは、あえて削除してしまうというのも手です。

Reference: - IBTimes:世界の最新ビジネスニュース

SPONSORED LINK

で、どんなページを削除すればSEOにいいの?

残念ながら、その答えは書いてないように見えます。

つまり質の低いコンテンツを削除することで、サイト全体の質を維持しようとするものです。

Reference: - IBTimes:世界の最新ビジネスニュース

低品質のコンテンツを削除することがSEO的にプラスになると力強く書いてありますが、SEOに詳しくない人は「それで、やり方は?」「質の低いコンテンツってなに?」ってなる可能性が高いと思います。

SEOのために、低品質のページを削除した方がいいってことはわかりましたが、実装できるためのヒントはなにもないのが残念です。長くなるし、そこまでは書けなかったんでしょうね。

この記事を読んだだけで、低品質コンテンツの排除が実装できるウェブ担当者は何割いるでしょうか?低品質のコンテンツを選別できる社内ウェブ担当者なら、この記事を読む必要もないかもしれません。

足を引っ張っているコンテンツが無いか確認し、もしあれば「ユーザーにとってそのページは役立つのか」という視点で手直しをしてみましょう。

Reference: - IBTimes:世界の最新ビジネスニュース

が結論(最後の文章)となっていて、「続きはこちら」もないです。「質の低いコンテンツ」が、いきなり「足を引っ張っているコンテンツ」に呼び名が変わって、さらに抽象的でよくわからない言い方で終わってしまい、「ん?終わり?」となります。

自社サイトのコンテンツが低品質なのかどうかは、どう判断すればいいですか?

どうやら「低品質コンテンツとは、足を引っ張ってるコンテンツ」のようですが、疑問は続きます。「低品質=足を引っ張る記事」の基準はなんでしょうか?

せっかくのいい話しなのに、みんなの役に立つTIPを教えるように見せかけて、実はなにも教えてない問題提起しかしていない記事となってませんか?なぜ一番重要な部分を言わないですか?それは有料ですか?ならば、その旨を書いてほしい。

「ユーザーにとってそのページは役立つのかという視点で手直しをしてみましょう。」と言っていますが、この記事こそ、ユーザにとって役に立っているのかを考えてほしいです。

低品質コンテンツの選別

なにか理由があるのか、それとも書くのを忘れただけなのかわかりませんが、タイトルを見て期待していた答えが書いてなかったので、殆どのユーザもそう思ってると思う、低品質コンテンツを区別する方法を自分なりに考えてみました。

そもそも、削除した方がプラスになるくらいの低品質コンテンツがあるサイトとは、大体がデータベース系サイトで自動生成されるため制御できない、大規模サイトのケースです。

50ページ、100ページのサイトで「削除した方がいいコンテンツ」なんてめったにないはずです。そのような問題で悩むような社内ウェブ担当者は、ある程度大規模サイトの担当者だと思います。

まず考えられる低品質コンテンツの選別方法として、インデックスされているのかの判断です。

データベース系のサイトでよく見かけるのが、似たような情報がたくさん生成されるためGoogleにインデックスされないケースです。クロールできている前提ですが、「Googleにインデックスされない=ユーザに伝える価値のない情報」と判断する考え方です。ページ単位ではなく、カテゴリ単位や生成される基準などでグルーピングして判断します。

  1. 生成されている一覧、又は数を把握します。
    例えば、/job/以下のコンテンツで1000ページが生成されているとします。
  2. 「site:www.example.com/job/」のヒット数を数えます。
    例えば、100ページだとします。
  3. 判断できる絶対的な基準はないですが、他のグループ(カテゴリ)も調べて、相対的にインデックス率が一番低いグループからコンテンツを見直します。
    見直しかたは、「あえてページ削除でSEO?」に書いてるように、削除したり、追加したり、結合することです。
  4. 合わせて、グループごとに流入数も比較して、ランディングページとしてどれくらい集客に貢献しているかも判断基準とします。

ざっくりですが、低品質コンテンツを客観的に判断する方法はこれくらいじゃないでしょうか。(私が思いつくのはこれくらいでした。)そもそも、低品質コンテンツを排除するSEOが必要なのか?を議論する価値があるかもしれませんが、一部のサイトによっては必要かもしれないのでもう少し具体的な案を考えてみました。

くれぐれも、必ず低品質コンテンツを排除しなければいけないと思わないでください。

SPONSORED LINK

正直、この辺の施策はかなりハイクラスのSEOとなります。下手にコンテンツを削除したり結合すると逆にサイトの評価が下がり、流入低価につながる危険性があります。

なんか低品質コンテンツが課題じゃないかなと思う場合は、ちゃんとしてSEO業者に問い合わせをしましょう。(リンク業者ではなく、内部施策に特化したSEO業者です。)


関連キーワード

One Response to “あえてページ削除でSEO?|SEO記事に勝手に補足”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です